レーシック手術当日の注意点

レーシックの手術では、目の表面をうすく切開し「フラップ」というものを作り、その後角膜をレーザーなどで削っていきます。
このフラップが目の表面に落ち着くまでしばらく時間が掛かりますので、レーシックを受けたあとの目は出来るだけ安静にしておかなければならないんですね。

また、手術によって目には大きな負担がかかります。ですから、普段は平気な雑菌などに対する抵抗力が弱くなっていますので、フラップの状態とともに感染症にかかりやすくなるという問題もあるんです。
メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれる、レーシック手術。現在では広く知れ渡りましたので、これからレーシック手術を受けようと考えているかたも沢山いらっしゃるようですね。
レーシックを受ける前には「適応検査」という検査をしてもらう必要がありますが、この日は車の運転も問題なくできます。レーシック手術にあたって精密な検査が行なわれますが、検査後に目の安静が必要になることもありませんので、適応検査の日は大丈夫です。

当日の運転は危険です

いっぽう、レーシック手術の当日は運転できないと考えておいてください。レーシックでは、術式によっては手術の後に軽い痛みが残るだけで、視野に問題がないこともあります。