レーシックは痛いのでしょうか?

レーシックはレーザーで角膜を切り取ったり削ったりする手術ですが、手術の際には必ず麻酔をします。しかもこの麻酔は、注射などではなく点眼薬によって行われますので、針を刺す痛みもありませんし、麻酔が効いている間は施術の痛みを感じることもなく短時間で終了します。

ただし、麻酔が切れればどうしても違和感を感じることでしょう。
異物感や、ゴロゴロした感じと表現する人もいますが、やはり眼球そのものに軽い痛みをおぼえる場合もあるそうで、大抵は痛み止めが処方されます。

痛みは無理に我慢せず、痛み止めを使って目の表面のダメージが修復されるまで落ち着いて待ちましょう。

痛みや違和感を我慢できずに擦ったりすると、定着しきっていないフラップがずれたり、よれたり、変形するなどしてとても面倒なことになってしまいます。
麻酔の効き目は1~2時間ほどで切れてきますので、医師の指示に従って痛み止めを使って過ごすのがベターだと思います。

しかし、レーシック手術そのものの最中には痛みを感じずに終わることができますし、麻酔も注射ではないということから、それならやってみたいと思う人も多いでしょうね。

入院も不要である場合がほとんどなので、手術を受けたあとは家に帰って安静にさえしていれば特に問題はないはずです。
とはいえ外科手術ですから、麻酔が切れれば多少は痛みも感じるでしょうし、ちょっとした不注意から合併症に発展することもあります。

痛みもなく短時間に、安全に行える手術であることは確かですが、リスクを極力減らすために、油断は禁物です。

術中・術後、痛みがないから何をしても大丈夫ということではありません。
手術直後は目を擦ったり、刺激を与えるようなことは避け、洗顔、洗髪なども控えるのが無難です。