レーシック手術で過矯正になるリスクは?

過矯正というのは、矯正しすぎた状態、つまり、視力が上がりすぎた状態をいいます。別に視力が上がる分には何も困らないんじゃないの?と思うかもしれません。

確かに、もともとの視力が良い方は特に困らないかもしれませんが、レーシックによって視力を回復させた場合には、近くが見えにくくなる、つまり遠視になってしまうのです。
この過矯正は、はっきり言ってしまえば医師の判断ミスによるものがほとんどです。どうしてもレーシック手術後の視力というのは、術前に想定していた視力からは誤差がでるものです。これは、手術が完全に成功していたとしても同じです。

そのため、過矯正になることを防ぐために、誤差があっても想定していた視力を越えないように少し弱めの視力になるように手術を行うのが通常です。

だからと言ってリスクがゼロになるわけではありませんが、弱めの視力に合わせて手術をしていればほとんどゼロには近づくでしょう。

レーシック手術のリスク

レーシック手術は目の角膜を切る外科手術ですので、どうしても手術直後にはいろいろな不調が出てしまいます。たとえばドライアイであったり、ハロ現象やグレア現象といったものです。

ドライアイは目が乾いてしまう症状で、ハロ現象は暗いところでのライトの明かりがぼやけてしまう症状、グレア現象は暗いところでの明かりが非常にまぶしく感じてしまう症状です。

また、手術直後には視力が不安定になったりします。ですが、これらの症状は時間の経過とともに自然と治っていくことがほとんどでそれほど心配する必要はありません。

感染症になってしまうリスクもありますが、これはきちんとしたクリニックであればやはりほとんど心配はいらないでしょう。レーシック手術で最も大きなリスクは過矯正だと思います。