レーシック手術には年齢制限はありますか?

手術できない年齢層

・未成年

まず、未成年、特に18歳以下へのレーシック手術は行わないクリニックがほとんどです。
法律などで特に定められているわけではないのですが、この年齢ではまだ体が成長途中のため、視力がなかなか固定されず、どこまで矯正していいのか見定めるのが大変難しいためです。
何か、特別な理由があれば、クリニックとの相談の上施術は可能ですが、必ず保護者の許可が必要となります。

・60歳以上

多くのクリニックが、60歳以上へのレーシック手術を行いません。
これは、60歳くらいになると、白内障など目の病気に罹患していることが多いためです。白内障にかかっているとレーシック手術を行うことができません。
60歳になっても、目が健康であれば手術に対応してくれるところもありますので、相談してみましょう。


年齢ごとの傾向

目は、年齢と共に変化していきます。生活スタイルも変化していきます。
そのため、レーシック手術も、年齢ごとに考慮する点が異なってきます。

・18歳以下

一般的にレーシック手術は受けられません。

・18~20歳

未成年ですので、保護者の同意が必要となります。また、18歳以下のようにやはり手術を行わないクリニックもあります。

・20~40歳

最も目が健康で、レーシック手術に適した年代と言えます。
回復力が高く、順応性も高い年代です。

・40~60歳

40歳をすぎると近くにピントが合わせづらい老眼の症状が出てきます。
レーシック手術によって矯正しすぎるとこの老眼の症状が悪化することがあるため、手術の際にはきちんとカウンセリングをして臨みましょう。
矯正視力を弱くしたりして眼鏡を併用するなど、考慮が必要になる年代です。

・60歳~

白内障など目の病気がおこる確率が高く、一般的にレーシック手術は行いません。