左右の視力が大きく違う不同視もレーシックで回復できるのか?

■左右の視力が大きく違う不同視

不同視といってもなかなか馴染みがないと思いますが、これは左右の視力が大きく違うことをいいます。たとえば右が1.0なのに左は0.5などという状態が、不同視といわれるんですね

これは、片方の視力はそれほど悪くない場合は普段の生活で困ることは余りありませんから、自分は不同視でも気づいていない人も多く、気づいていても視力で困ることがないからと放っておく人も沢山いらっしゃるようです。
ですが、見えるからといってそのままにしておくと、意外な症状に繋がってしまうのがこの不同視の怖いところ。

片方の目に負担が集中することによって偏頭痛の原因になっていたり、ある角度で見たときに距離感がわからなくなるなど、いろいろなことの原因になっていることが多いんですね。

特に距離感がおかしくなると、自動車などを運転しているときに危険でもありますから、違和感を感じたら早めに矯正したいところです。

■不同視の矯正

不同視は片目の視力が低下している状態ですから、悪いほうだけどの入ったメガネを使ったり、片方だけコンタクトレンズを入れたりという矯正が行なわれます。

一見、これで問題ないように思いますが、片目だけ矯正すると視野に違和感を感じる場合も多く、なかなか上手くいかないもとだといわれているんですね。

■不同視をレーシックで矯正

不同視担っている場合は片方だけを矯正したいところですが、実はレーシックならこれが可能です。悪いほうにだけ手術を施せば、左右の視力をかなり近づけることができるんですね。もちろん完全一致などはできませんが、以前よりも良い状態にはできます。

また、めがね等のように片方にだけレンズをつけたような違和感はありませんから、不同視の治療を考えるならレーシックが最適というお医者さんもいらっしゃるほどです。

もし不同視でお悩みなら、一度レーシックも検討してみてはいかがでしょうか。