レーシックQ&A

手術できない年齢層

・未成年

まず、未成年、特に18歳以下へのレーシック手術は行わないクリニックがほとんどです。
法律などで特に定められているわけではないのですが、この年齢ではまだ体が成長途中のため、視力がなかなか固定されず、どこまで矯正していいのか見定めるのが大変難しいためです。
何か、特別な理由があれば、クリニックとの相談の上施術は可能ですが、必ず保護者の許可が必要となります。

・60歳以上

多くのクリニックが、60歳以上へのレーシック手術を行いません。
これは、60歳くらいになると、白内障など目の病気に罹患していることが多いためです。白内障にかかっているとレーシック手術を行うことができません。
60歳になっても、目が健康であれば手術に対応してくれるところもありますので、相談してみましょう。


年齢ごとの傾向

目は、年齢と共に変化していきます。生活スタイルも変化していきます。
そのため、レーシック手術も、年齢ごとに考慮する点が異なってきます。

・18歳以下

一般的にレーシック手術は受けられません。

・18~20歳

未成年ですので、保護者の同意が必要となります。また、18歳以下のようにやはり手術を行わないクリニックもあります。

・20~40歳

最も目が健康で、レーシック手術に適した年代と言えます。
回復力が高く、順応性も高い年代です。

・40~60歳

40歳をすぎると近くにピントが合わせづらい老眼の症状が出てきます。
レーシック手術によって矯正しすぎるとこの老眼の症状が悪化することがあるため、手術の際にはきちんとカウンセリングをして臨みましょう。
矯正視力を弱くしたりして眼鏡を併用するなど、考慮が必要になる年代です。

・60歳~

白内障など目の病気がおこる確率が高く、一般的にレーシック手術は行いません。
レーシックには様々なメリットがありますが、同時にやはりデメリットも抱えています。技術の進歩と共にリスクが下がるデメリットもあれば、常にあるであろうデメリットもあります

手術を検討する時には、デメリットの存在をしっかりと把握して、考えるようにしましょう。疑問点があれば、クリニックで相談する時に納得いくまで聞くのがいいでしょう。

■左右の視力が大きく違う不同視

不同視といってもなかなか馴染みがないと思いますが、これは左右の視力が大きく違うことをいいます。たとえば右が1.0なのに左は0.5などという状態が、不同視といわれるんですね

これは、片方の視力はそれほど悪くない場合は普段の生活で困ることは余りありませんから、自分は不同視でも気づいていない人も多く、気づいていても視力で困ることがないからと放っておく人も沢山いらっしゃるようです。
レーシックを受けて視力が回復したとしても、その効果がいつまで続くのかというのはわかりません。

人によっては、その後もずっと快適な視力のままの人もいますし、人によっては再手術が必要であったり、残念ながら再び眼鏡やコンタクトレンズが必要になるかもしれません。このあたりは手術の精度というのも影響があるのかもしれませんが、基本的には個人差によるものです。
過矯正というのは、矯正しすぎた状態、つまり、視力が上がりすぎた状態をいいます。別に視力が上がる分には何も困らないんじゃないの?と思うかもしれません。

確かに、もともとの視力が良い方は特に困らないかもしれませんが、レーシックによって視力を回復させた場合には、近くが見えにくくなる、つまり遠視になってしまうのです。
遠視は近くが見えにくく遠くには焦点が合いやすい状態です。ただし、遠くのものも見えづらい場合もあります。遠視の原因は近視のように角膜や水晶体の曲率の異常で、像が網膜よりも後ろで焦点を結んでしまうことです。

それだけではなく、単純に角膜・水晶体から網膜までの物理的な距離が短いということも原因になっている場合があり、この距離は成長と共に伸びていきますので子供の頃の遠視は成長と共に自然と治る場合が多いのです。
結膜という器官はまぶたの裏側と眼球を繋いでいる薄い膜です。外部にさらされていますし、袋状の閉じた構造をしていて、涙で濡れているので細菌が繁殖しやすく様々な原因で炎症を起こしやすい部分です。

細菌性・ウィルス性・アレルギー性の3つくらいに分けられます。原因はそれぞれ名前になっている通りのもので、細菌性の場合は、なんらかの細菌が結膜上、周辺で繁殖してしまって炎症をおこしている状態です。
レーシックは画期的な視力矯正技術ですから、多くの近視に悩む方々が安全に、短時間の手術によって、眼鏡やコンタクトレンズから解放され、視力を取り戻しています。

芸能人や一部スポーツ選手などもレーシックを受けたことを公表しているため、認知度も高まっています。しかし、残念ながらどんな人でも必ず受けられるというものではないのです。
レーシックはレーザーで角膜を切り取ったり削ったりする手術ですが、手術の際には必ず麻酔をします。しかもこの麻酔は、注射などではなく点眼薬によって行われますので、針を刺す痛みもありませんし、麻酔が効いている間は施術の痛みを感じることもなく短時間で終了します。