錦糸眼科の特徴|名古屋レーシック眼科の口コミ

錦糸眼科は、なんと日本で初のレーシック・イントラレーシック手術を行った視力矯正クリニックです。
ですから、日本におけるレーシック手術の歴史的始祖ともいえますね。
錦糸眼科に所属する医師は、院長からの厳しい直接指導を受けた優秀な人材ばかりです。指導を受けた中で技術的に秀でた人だけが執刀医になれます。

そして、その執刀医たちの平均経験年数は10年を越え、平均経験症例数も2万件以上です。
1番少ない医師ですら8千件以上の経験を持っています。
どの執刀医も技術を保証されている上に、経験が豊富ですから安心して相談ができますね。
さらに、この執刀医は患者さんの立場に立って考えることができるようにという意味も込め、全員が院長のレーシック手術を受けている人たちなのです。
院長自身は、眼科医であるだけでなくレーシック手術に用いられるエキシマレーザーの専門技師の資格まで持っているため、機器のメンテナンスも徹底しています。

錦糸眼科は単に歴史が長い(20年)というだけでなく、技術や使用される機器は最先端で、常にレーシック手術の先鋒を担っています。
初診は無料ですので、レーシックについてもっと知りたい、自分はレーシック手術を受けられるのかどうか聞いてみたいという方は、気軽に診察を受けに行ってみると良いでしょう。

なお、プランは安いものが両目8万円、高いものでも両目26万円です。他と比べて全体的に低価格です。
開院20周年の特別価格なども用意されています。

近視の矯正だけでなく、遠視・老眼などの矯正も行っています。
それから、紹介割引や、初診から2週間以内の手術の場合に適用される割引など、いくつかの価格サービスもありますので、調べてみてください。

定期検診については、手術翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後に行われます。
この定期検診の診察料は不要で、基本薬剤として処方される薬の代金もかかりません。