レーシックが受けられない方は?

アトピー性皮膚炎の方も、基本的にはレーシック手術を受けることが可能です。
ただし、アトピー性皮膚炎によって新陳代謝の低下などの症状も出ている場合には、レーシック手術後の回復に通常よりも時間がかかってしまうことがあります。
アレルギー体質の場合でも、基本的にはレーシック手術には問題はありません。ただし、アレルギーが原因となる感染症にかかっている場合には、感染症が回復するまではレーシック手術を受けることはできません。

また、重度のアレルギーの場合には、アレルギーの治療を優先し、アレルギー症状が治まってから手術を行う場合があります。